2015年09月06日

あんな風には・・・

あんな風にはなりたくない、と意識した時点で、あんな風に意識を取られ、あんな風な方向に近づき
あんな風、になってしまう、という可能性もある。

あんな風を、それもありだよね、と最初から思えれば良いけれど、ここはやっぱり
様々経験をしないと、あんな風がどんな事なのかわからない。

本当にあんな風になりたくない!と思うのなら、やっぱり、あんな風ってどんな事?っていう
体験をして理解をして、中庸に立たないと、本当にあんな風にならない方が良いのかどうか
実は判断できないのかもしれない。

え?じゃあ、猟奇殺人とかしちゃう訳?
やってもいいけど、多分、そうするのに勇気はいるし、時間も体力も消耗する。
じゃ、やっぱりあんな風を意識すると、そっちに行っちゃうのかな?
ここで唯一、方法として、人間の素晴らしい能力を発揮する事で落ち着けるかもしれない。

想像力

夢や目標を想像する、という事はやった方がいいけれど、悪い事は想像しない方がいいよね。
という一般の解釈もあるけど、唯一自由なのは想像力。
想像の翼を広げるって事。
ポジティブだけに使うのはもったいない。
ネガティブにも使ってみましょう。
自分が猟奇殺人を犯す、殺す相手を選定し、殺す道具を選び、実際に選んだ相手を頭の中で殺してみる。
頭割るなり、首を切るなり、内蔵えぐり出すなりご自由に。

どんな気持ち?

案外、あんな事やってみたい、とか、あんな風になりたいんだ、っていう自分に出会ったりしてませんか?
それとも。
殺人を犯し、その後の自分の行動、家族への影響、社会的制裁等々まで想像できちゃって、やっぱ、想像だけで充分です・・・って?
それとも。
想像だけでも猟奇的な事はできないって?

この世でやってはいけない事は無い。
全ては肯定。
という定義に当てはめると、それってとっても不自由だと思いませんか?
何をやってもいいのは知ってる、でも、猟奇殺人だけはダメ!
あれ?
否定を使いましたね。

ここからが、自分の奥の微細な部分。
どうしてそれだけはダメなのか?何者にでもなっていいのにどうしてそれだけはダメなのか?
なぜ想像するだけなのに、それだけは想像の自由さえ許さないのか?
なぜ、自分の猟奇性は認められないのか?
自分に問いかけ続けていくと、案外、面白い答えを返してくれるかも。

ここに“恐れ”ではなく”ワクワク、ドキドキ感”を持てるといいね。
posted by ミー at 14:17| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの人は未来の私 私はあの人の過去

こんな人には成りたくない!と思っていた人と同じ行動を取っていた。
あれ?
これ、私、嫌いだったよね。

しかし、同じ行動を取ってみて思った。
なるほど、あの人は、こんな思いで行動していたんだ。
あれは絶対意地悪だ!と思っていたけれど違った。
その人は、ちゃんと私の願い通りに動いていてくれた。
私の“エゴ”に合わせて、それなりに行動してくれていたって事。

人生で経験を重ねて行くと、かつては悪だと思った事が実は合理的で非常に良いことだった
という事が起こる。
あんな風にはなりたくない、と意識した時点で、あんな風に意識を取られ、あんな風な方向に近づき
あんな風、になってしまう、という可能性もある。

あんな風を、それもありだよね、と最初から思えれば良いけれど、ここはやっぱり
様々経験をしないと、あんな風がどんな事なのかわからない。

本当にあんな風になりたくない!と思うのなら、やっぱり、あんな風ってどんな事?っていう
体験をして理解をして、中庸に立たないと、本当にあんな風にならない方が良いのかどうか
実は判断できないのかもしれない。

え?じゃあ、猟奇殺人とかしちゃう訳?
やってもいいけど、多分、そうするのに勇気はいるし、時間も体力も消耗する。
じゃ、やっぱりあんな風を意識すると、そっちに行っちゃうのかな?
ここで唯一、方法として、人間の素晴らしい能力を発揮する事で落ち着けるかもしれない。

想像力

夢や目標を想像する、という事はやった方がいいけれど、悪い事は想像しない方がいいよね。
という一般の解釈もあるけど、唯一自由なのは想像力。
想像の翼を広げるって事。
ポジティブだけに使うのはもったいない。
ネガティブにも使ってみましょう。
自分が猟奇殺人を犯す、殺す相手を選定し、殺す道具を選び、実際に選んだ相手を頭の中で殺してみる。
頭割るなり、首を切るなり、内蔵えぐり出すなりご自由に。

どんな気持ち?

案外、あんな事やってみたい、とか、あんな風になりたいんだ、っていう自分に出会ったりしてませんか?
それとも。
殺人を犯し、その後の自分の行動、家族への影響、社会的制裁等々まで想像できちゃって、やっぱ、想像だけで充分です・・・って?
それとも。
想像だけでも猟奇的な事はできないって?

この世でやってはいけない事は無い。
全ては肯定。
という定義に当てはめると、それってとっても不自由だと思いませんか?
何をやってもいいのは知ってる、でも、猟奇殺人だけはダメ!
あれ?
否定を使いましたね。

ここからが、自分の奥の微細な部分。
どうしてそれだけはダメなのか?何者にでもなっていいのにどうしてそれだけはダメなのか?
なぜ想像するだけなのに、それだけは想像の自由さえ許さないのか?
なぜ、自分の猟奇性は認められないのか?
自分に問いかけ続けていくと、案外、面白い答えを返してくれるかもしれません。
posted by ミー at 14:12| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする