2015年10月31日

心の乱れは

自分が大嫌い→自分が大好き

本質 この世は肯定が本質=自分が大好き

心 私のここが嫌い、私のあそこが嫌い

本質と心とのギャップ→苦しみ、悩み、違和感を感じる

この作用が起こっているとしたら?

他人は私の心が乱れていても、実は問題無い、気にしてもいない、という視点から見ると、
自分の心が乱れて苦しいのは誰か?
自分自信。

本質と心のギャップを埋めるのは誰の為にやっているのか?→自分の為。

自分の無意識が、自分を統合したいと考え出すと本質が動き始める。

『本質と心、ズレてますよ。ズレてる場所、お教えします。』

その教え方は、自分の社会生活においての不都合を起こす、という乱暴なもの。

不都合が起こるから、自分の心の作用を観るのか?本質と心を統合する為に、不都合を起こしているのか?
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 気づきメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

今でしょ?

今、やらなければ!という事もあれば、時と場合を選んでやる、という事もある。
時間は無い、という観点で語れば、今日できなくても、明後日できれば、明後日が今である以上、今、できた!
という事になる。

プロセスを楽しんでいる間も、目的を達成している、という事も言える。
技術も人脈も、今でしょ?と言われて身につくものでもない。
今の全てを、行き着く為のプロセスと捉えられるか?
無駄足だ、と捉えるか?

人間の大きな目標として在るのは、生きる事だと思う。
現世を生き抜くこと。
死が訪れるまで(自殺、他殺、事故、病死)生き抜く事。
地球の人間として産まれてから、地球の人間として死ぬまでのこの期間。
いかに、死を安らかに迎えられるか?
今のままでいけば、10の苦しみを持って死ぬ予定だった所を、7の苦しみで死を迎えられるようにする。

魂の視点で話せば、生も死も、変化にしかすぎず、変化という刺激的な面白い事にすぎない。
その視点からだけで、この世を生きて行ければ、これほど面白い事はない。
けれど、人間としては、喜怒哀楽の楽しみは無くなってしまう。

いかに、魂の視点だけで生きて行けるようになるか?
そこが目標ではないだろうか?
いかに、それに近づけるようになりたいのではないだろうか?

すべてはそこへ行くためのプロセス。
勉強も、仕事も、人間関係も、社会情勢も、ご近所付き合いも、家族も。
目標までの通り道。通過点。
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 気づきメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

気ままな生き方を貫けるか?

死ぬときは死で候。
それは一見、一期一会的な素敵な行き方。
それは社会的にみれば、無責任な行き方。

できれば、一期一会的な生き方をしたいと思う。
しかし、社会や親の教え、風潮が将来を心配せよ、計画を立てろ、と言う。
実際、計画通りに行くことなんて無いのにね。

誰かが助けてくれるだろう、という脳天気な生き方は、本人は楽しいけれど
助ける周囲は、楽しい人いるのだろうけど、大方の恐れを持つ人にとっては、はた迷惑。
はた迷惑な人が居るのも覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
人に迷惑をかけても良い、と覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
人の批判を覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
批判する人を、批判していた人達(過去形)、にひっくり返す事ができれば
それは生きやすくなった、という事。

・あの人のやる事だ、仕方が無い、と周囲を諦めさせるのも良し

・あの人のように生きたい、と周囲に思わせればもっと良し
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

人の使命って・・・

本当は、職業や趣味なんてどうでも良いこと。
形なんで、どうでも良いこと
一番大事なのは、自分を生きる、という事。
この肉体は維持するという事。
終わりの時まで(自殺、他殺、病死、事故死)いかに真っ当するかと言うこと。
いかに自分をデザインするかという事。
いかに今日を、今をデザインするかという事。
今をデザインしていたら、勝手に明日はやってくる。
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

休息も仕事

人生にはお休みも必要。
何もしない、という修行も必要。
何もしない、は本当に苦しいよ。
それまで、せかせかとやってきた人間には特に。
体がせかせかを覚えているから、それを矯正するのはなかなか難しい。
クセになってるからね。

しかし、使い続けたものには、メンテナンスが必要。
自分の体は、使い捨てはできないからね。
車に車検が必要なように、使い続けた何某かの物にオーバーホールが
必要なように、自分の体にも、休息は必要。

バッグにしても、車にしても、時計にしても、着物にしても・・・
お手入れしながら使い続けるものなのだから、生ものの人間の体も、
どこかのタイミングで、お手入れは必要と思う。
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする