2015年11月29日

変化

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s.jpg

全てはただの変化。
それに対して、これは嬉しい、これは悲しい、と判断しているのは自分。

子供の成長はうれしいもの。しかし、どこかでそれがさびしいと思っているとイラつく。

誕生(出会い)は嬉しいもの。
死(別れ)は悲しいもの。

近い距離でみれば、喜びや悲しみにつながる。
長い距離でみれば、今の思いが逆転する。
どの距離で区切って、悲しいとか嬉しいとか決めるのは自分。

未来、良い結果になるとは限らないから不安。
過去の例と照らし会わせて、あの時不幸だったから今回も不幸な結果に終わるだろう、
という予測。

本当にそうだろうか?
良い結果に解釈できるまで、待つ事も必要。
待てないのはなぜ?

数々、過去の体験が、待つ事によって不幸になった。
本当にそうか?
不幸の印象だけ、色濃いのではないか?

待つ事は=楽しい、と思えないのはなぜか?

コンサートまで、イベントまで、その日が来るまで、楽しい、と思えるが。
別れの日が来るまでの間、楽しいと思えないのは?
別れ=悲しい、と思い込んでいるのは?
別れ=新たなスタートと思えないのは?

新たな境地を見いだせないのはなぜか?

ひとつの不幸な結論しか出せなくなった時、悩み、という形で自分の中に固定化する。
固定化した時間が長ければ長いほど、変化させる為のエネルギー、勇気が必要になる。
苦しくても、固執したくても、心のどこか、頭の片隅にでも、自分が新たな境地を見いだそう!
と意識した時、変化のエネルギーが流れ始める。
posted by ミー at 19:25| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする