2015年12月31日

迷惑な人 〜それは人と事象によりけり〜

480774e5cd62b0bdc8a3b1c8e6ba3295_s.jpg
迷惑をかけてはいけない、と言われている。
はたして”迷惑”とは何だろうか?

誰かに用事を頼まれる。
例えばの話し。
『缶コーヒーを買ってきて』と頼まれたとする。
これが、好きな人、憧れの人、尊敬する人から頼まれると『喜んで!』となるハズ。
頼られて嬉しい!となるハズ。
ところが、嫌いな人、うっとぉしいと思っている人から頼まれると『何で私が?』となる。
同じコトなのに、気持ちひとつで、物事の様相が変わってくる。

人から物事を頼まれる時、嬉しいと思う時と、迷惑と思う時がある。
”頼み事””お願い事”という行為に対して、2つの見解が生まれる。
頼られて嬉しい、または、はた迷惑な。

では、自分が迷惑をかけて・・・と思う事を、よくよく考えてみる。
それは本当に迷惑なのか?

何か、他人に頼るべき事が起こった、他人の時間を取ってしまった、手を煩わせる事になった。
はたしてそれが迷惑なのだろうか?

私は、相手が迷惑をかけて・・・と言われた時『迷惑じゃないですよ』と言う。
本気で迷惑じゃない、と思っている。
迷惑=アクシデント=お祭りみたいで楽しい、と繋がってる時がある。
そういう人間もいるから、全部が全部、迷惑じゃないと思う。
実は、迷惑をかけた、と思っている本人だけが、その行為を”迷惑”と捉えているに過ぎない。

”助け合い”という言葉があるのに”迷惑”と捉えてしまう。
その事に対して、迷惑をかけてすみません、という気持ちを乗せるより、助けてくれてありがとう、
という気持ちを乗せた方が健全な気がする。

人に頼られるのは、総じて嬉しい事のような気がする。
自己存在を肯定してもらえた、という実感が多分に受け取れる行為だと思うから。
頼られる行為を迷惑だ、と捉えたとき、なぜ、自分は”迷惑”と捉えたのだろう?と
むしろ、そっちに意識を向けた方が健全な気がする。

”お世話になった方”が迷惑なんて思ってませんよ、と言っているのを信じて安心しますか?
いや、これは口先だけで、本当は迷惑と思っているはずだ、と不安になります?

どちらを選択すると、自分が生活しやすいですか?

全員に対してそれをやるのは難しいかもしれない。
だけど、せめて自分が信頼できる人に対しては”迷惑をかけてしまった”という思いを持つより
”助けてくれてありがとう”と感謝した方が気持ちが楽になるし、ポジティブな気がしませんか?

どうしても感謝の気持ちに切り換えられない、何度もやってみようとしたけど無理!
そんな時は、自分の行為に対して、昔、我慢してしまっていたり、罪悪感を感じる事件が
起こってたかも。

迷惑をかけたと思う=相手の善意、誠意を信じられない、と置き換えたらどうだろう?
自分が人を信じていという事実に行き当たらないだろうか?
人を信じていない=自分を信じていない、と繋がらないだろうか?
唯一の味方である自分を信じられなくなったのは、いったいいつ?
こんな私を助けてくれる訳が無い、と思い始めたのはいつだろう?

私たちは至福の存在だ。
私たちは完全だ。
私たちは救われている。

そういう知識はあるのに、自分がそれに結び付かないのはなぜだろう?
結びつけてみて、ああそうだった、私は助けられて良いんだ、と思えたら良し。
それでも、助けられる訳が無い!と思う時、そこには必ず、自分にとって悲しい出来事が
起こっていたのだと思う。
そしてそれを、ず〜っと引きずり続けているのだと思う。
社会の常識に、親の教えに、子供の頃のショックな出来事に、引きずられているのだと思う。

信じる気持ちを掘り起こしたいのであれば、過去の記憶をたぐって、どこでどう思い違いを
してしまったか、検証してみるべき。

人ではなくコトを観る。
そうすると、今までとは違う風景が見えてきて、思い違いに気づけるかもしれない。
posted by ミー at 00:34| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ブレイブハートに火をつけろ! 〜とか、強気に言っちゃってるけどね・・・〜

6a869fdf43dc529f6dfcd04b95dadc1f_s.jpg
へなちょこ、恐がり、臆病、で居たい、在りたいって自分が居る。
それはなぜか?
そうしている方が”楽”だから。面倒な事から逃げられるから。
立ち向かうより、逃げる方が楽だもの。
怖い、怖い!って言ってたら、怖い物に立ち向かう必要無いもんね〜〜。
自分の中の怖い場所に行かなくて済むもんね。

チキン南蛮、いや、チキンハートの自分に気づいたとき、わたし、腰が砕けるかと思った!
ちっちゃ?!?!?!
それが単なる逃げ口上だと、ホントに理解できた時、心底、黄昏れてしまった・・・

これは、理解するのに、本当に時間がかかったのよ。
何度も言われて、何度もイヤな現象にぶち当たって、逃げて逃げて逃げまくって。
私はとっても、とっても、すご〜く、すご〜〜く時間がかかった。

怖い=逃げているだけ、という事実をつきつけられて、半年くらい悶絶しまくり。

それを長いととるか、あっと言う間と取るか。

ちなみに、すべてはいまここ、時間なんて無いんだよ!という定義になぞらえば
今、気が付こうと、半年後に気が付こうと、100万年後に気が付こうと、変わりはない。

いつ気づく?
今でしょ?

どうせ10年後に気が付くなら、今、気が付いてもいいじゃんね?
今、気が付いてもいい、全て(今までの固定観念、主義主張、過去の教訓等々)が壊れてもいい!と
許可してないと、なかなか”今気づく”って事にならないけど。

恐れ(苦々しい過去)を受け入れ、肯定(美しい過去)に昇華するのは、夏休みの宿題に似てますね。
8月31日は、まだ先だわ!
(私も、モノによっては提出日前日にやってました^^;^^;)

死んでから気づくも良し、生きてる間に気づくも良し。
どうせ死んで気づくなら、生きてる間に気づいてもいいし、むしろ、その方が優等生っぽいし^^v
多分、自分が楽。

チキンでいたいの〜〜!
それなら大丈夫。
ひとつの事案(恐れ)に対して、ブレイブハートになれても、次の事案で、また、チキンハートになれるから。
そうやって、ブレイブハートになったりチキンハートになったりを繰り返していると、ある日気づく。

な〜〜んだ、ブレイブハートだけで良かったんじゃん^^v
posted by ミー at 19:21| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

迷子の迷子の子猫さん 〜それでもネコは我が道を行く〜

111106.jpg
理想、目標、ゴール。
これは高く持つ方がいい、と思う。
なぜならば、ゴールに行くまでの事は、全て過程だから。
ゴールに立ってしまうと、やり尽くし症候群が襲ってくるから。

ゴールをより高い所に置けば、今、起こっている事は全て過程になるから。
過程であれば、失敗したとしても、それは過程であって、結果では無いから。

ただ、高く上げすぎると、自分がどんな目標を立てたかも忘れてしまうけどね。
なぜ、こんなに苦しい事が起こり続けるのか、分からなくなるけどね。
途中、一息ついてても、すぐに次の波がやってくる意味がわからなくなるけどね。

自分がどこに行こうとしているか、わからなくなった時、不安を感じる。
混乱する。
街中で迷子になる時と一緒だ。
街中はいい。
まだ、人に聞く、という手がある。
これが、荒野の真ん中で迷子になったら・・・
そういう時が、一番、気力が無くなってしまうのだ。
孤独をひしひしと感じる時。
この世に私は一人っきりだ、と思い込む時。

そのまま朽ち果てるのか?
いや、最後の手段を思い出せれば、まだチャンスはある。
叫ぶのだ。

『助けてくれ〜〜〜!!!』

と全方位、全宇宙に向かって叫ぶのだ。

誰も居ないのに叫ぶのか?
本当に孤独になった時、心底、孤独を感じた時、不思議なもので
目に見えない何者かがいるはずだ、という事を思い出す。
必ず私の願いを聞き届けてくれる、何者かがいる、と信じる心が出てくるのだ。
(もしかしたら、それを信仰というのかもしれない)
どこかに居るであろうそのモノに、全身全霊、全力で叫ぶのだ。

『助けてくれ〜〜〜!!』

叫んだ後は沙汰を待つしかない。
最後の手段なのだから、それ以上、何もできないのだから。
待っていると、答えは必ず帰ってくる。
便宜上、帰ってくる、と書いてはいるが、実際は自分の中からわき上がってくる。
思い出す、という事かもしれない。
自分がどこに行こうとしていたか?なぜにこの状況にあるのか?
そして、今、自分はどこにいて、これからどこに行けばいいのか?

さて、その高い理想、目標、ゴール。
何にすればいいのか?
今の所『自分を知る』に限ると思う。
自分が何に反応し、何に喜び、何に驚嘆するか?
なぜこんな反応をし、なぜこんな風に喜び、なぜこんな驚嘆の仕方をするのか?
ただ、ひたすら、自分のマニュアルを思い出していく事だと思う。
それが目標であれば、日々起こる事、出会いも別れもトラブルも、全てが過程になる。

全ては過程、全ては自分に至るための過程でしかないのだよ。
posted by ミー at 01:17| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

こんな事も明るく話したい

2a1dba5202368c8d255fa7deae15782f_s.jpg
女性だけの特質。
新しい命を宿す事ができる、という事。
とても神秘的で崇高な事のようなイメージがある。

ずいぶん、ずいぶん、ずいぶん、ずいぶん、自分を苦しめてきた事がある。
その神秘を自分で握りつぶしてしまった事。
中絶。

若かりし頃、彼はまだ学生で、私たちは結婚もしておらず・・・
よくある話し。
中絶によって苦しんでいる、自分を責めている女性はたくさんいると思う。
犬も歩けば棒に当たる、っていうくらい、10人女性がいれば7〜8人は、こういう体験が
あると言っても過言ではない。
まさか?!と思うけど、どういう訳か私は、20代からカウンセリングをする人のそばで
仕事をしており、そこでも、こういう話はよく聞いた。
だから、結構な確率で経験者が多い、という事は確かだ。
ただみんな、この件に関しては、特定の人にしか話をしないだけ。
私も両親には話していない。
なので、ここに書くには勇気がいったけれど、どこからか話が漏れないか?と
心配ではあるけれど。

その時は、最善の判断をしたと思っていても、気丈に決意したと思っていても
悲しいかな、母性の性(さが)なのか?
我が子を失う、という事に、本能的な悲しみ、絶望が襲ってくる。
そして罪の意識を感じる。
とてもとても、口では言い表せないくらいの情けなさを感じる。

親や周りに責められても、若くても、お金が無くても、生んで育てている人がいる。
自分にはその勇気もなかった。
世間体、親の目、その後の生活への不安、に負けてしまった、とも思えてくる。
私にはどうして出来なかったのか?

単純に、中絶は悪い事、命への冒涜、という思い込みもある。

手術台の上では全身麻酔なのに、手足を縛られる。
途中、暴れる場合があるらしい。
痛いのだろうか?その辺りは私にもよくわからないが、ある産婦人科医の話しの中で
『無意識に拒絶して、逃げようとして暴れるのではないかと思う』という言葉が印象に残っている。

多分、20年くらい、この罪の意識に悩まされていたと思う。
当初は、死んだ子の分まで生きよう、と頑張って二人分生きる勢いでやっていた。
でも、それは体に無理があったのだろう。
長くは続かなかった。
二人分頑張るんだ!という気力とは裏腹に、体がついて行かなくなった。
そうすると、罪の意識、後悔の念が増してくる。

そんな中、ある人のブログの中に救いの言葉を見つけた。
女性が悩んでいる事を色々と解説して、そこに寄り添って下さる文章が綴られた後の結びの文。
正確な文章は忘れてしまったけど。

『たとえあなたが、結婚していなくても、仕事をしていなくても、子供がいなくても、中絶していても、あなたは素晴らしい』

うっかり勤務先の休憩時間に読んでしまい、事務所で号泣しそうになるのを必死にこらえた覚えがある。
とてもとてもとてもとても、救われた。
女性として自信を失っていた心に、明かりが灯った。

それで、一時は救われたものの、やっぱり、自分を責めてしまう時がある。
そんな時、天使が現れた。
浮上してきた悲しみに耐えきれず、公園のベンチで泣いていたら、見ず知らずの女子高生が声をかけてくれた。人には気づかれないようにしていたつもりだったのに、一旦、通り過ぎた彼女は、私の様子がおかしいのが気になって、引き返してきてくれたのだ。
私は40代、相手は女子高生。こんな話をしていいものか?
だけど、赤の他人。知らない人だから、せっかく与えられた状況だからと思い、泣いている理由を話す。自分の後悔を話した。
黙って聞いてくれた彼女はこう言ってくれた。
『泣いてるお母さんを見て、赤ちゃんが喜ばないと思いますよ。自分を思って泣くより、明るく生きてくれる事を願うと思いますよ』

この子は天使か?
とても不思議な状況だった。
言われてみれば、確かにそうなのだ。中絶する事で、生かされた私の人生がある。
それを生きる事こそが、最大の供養だし、最大の謝罪でもある。
自分を責める事や後悔する事では、何も生まれないのだ。
また、救われた。

その後は、子供が早く死ぬには、それなりの理由”カルマがある”という事も学んだ。
子供が早く死ぬ=その子供に早く死ぬ為のカルマがあった。
例えば、その子がその前の人生で人を殺していたとか。
人を殺す事をした”与えた”のだから、今度は人を殺すことを受けとらなければ収集がつかない。
つまり、自分を殺してくれる人が必要になる訳だ。
人を殺すなんて恐ろしい事、誰が引き受けるだろうか?
恐ろしさや後悔、いろんな苦しみを引き受ける覚悟で、カルマの回収の相手役を引き受ける訳だ。
これを、思いやり、愛のある行動、と言わずして、何とするのだろう?
だから、中絶もまた、思いやりから出た行動だ、という考え方に至った時、自分は悪いヤツだと
思っていたけれど、案外、良いヤツだったじゃないか、と思った。
自分の中にも愛があったんだ、という思いでホッとした。

ここまで納得したのに、まだ、後悔の気持ちが立ち上る。
だから、おかしい、これはおかしい、と思い、この文章を書き始めた。
書きながらも、泣いている自分がいる。
なぜ?
すっかり、腑に落としたハズなのに。

結局、私は子供を持たなかった。
子供頃から、将来、自分のような子供が生まれるのはイヤだから、子供は欲しくない、と思っていた。
だから、思った通りの人生になっている。
そこに後悔は無い。
中絶を後悔しているのに、いざ、子育ての事を思うとゲンナリする。
矛盾だ。
子供が欲しい、と思う事もあった。
けど、ほんの一瞬の気持ちだ。その子が大きくなる過程を思うと、子育ては楽しいのかもしれないけれど
自分の事も持てあましているのに、どうやって育てるの?と思う。

母は、親は子供と一緒に成長する、と豪語していた。
だから、子供を持つ事は大変だけど素晴らしい、と。
確かにそうなのだろう。
しかし、私は母の言う人生を生きられなかった。
母の言う事を、再現、証明する事はできない。
母の言う事に、共感できない人生を送っている。
母に孫の顔を見せ、母に子育てを習う、という事ができなかった。
同じ悩み(子育て)を共有できずにいる。
母に寂しい思いをさせている。
ん?
ん?
あれ?
ここに後悔しているのか?
ここに自分を否定しているのか?
だから私はダメな子、ダメな娘です、と思っているのか??
ん?
あら?
子供を産んでいない私は、成長してはいけない、母の子供のままでいないといけない、とか思ってる?
人の親になっていないから、大人になっちゃいけない、とか思ってる?
え?
そんな事を思っていたの?
あらやだ。
えーと。図体だけは40代後半になってますけど。
まだ、大人になっちゃいけない、とか思ってます?私?
母の人生観を大切にするあまり、大人にならないって・・・
むしろ、その方が、母も迷惑だろうよ。
私が大人にならなきゃ、死ぬに死ねない。(いや、まだ若いから死ななくていいんだけど)
そりゃ、母も安心できないわなぁ。
私が子供なんだから、子供扱いするし、いつまでも幼稚園児扱いな心配をされるわなぁ。

ところで、私が中絶をしたと言った所で、私を愛するのを辞める親か?
あの両親が。
私が子供を持っていない、という事で、私を愛するのを辞める親か?
私が母の人生観を大切にしないから、と言って、愛するのを辞める親か?
確かに、がっかりしたり、ショックを受けたり、一時は怒るかもしれない。
けれど、だからと言って、私を責めたりするか?
私も苦しんだであろう事を理解して、私を愛し続ける、受け入れ続ける努力をするだろう。
なんとか、私が心安らかに生きる事を祈り続ける人達だろう。
不器用ながら、訳のわからない形で『おまえを愛している』と伝えようとしてくれる人達だろう。

私が生まれた=愛されている
それがこの世に形を持っているだけでなく、意識が在るということ自体、愛されている、という事か。

存在している=愛されている
存在している=許されている

あれやこれや、父と母に申し訳無い事をした、と思っている自分がいる。
けれど、私が居るってだけでいいんだな。
例え私の肉体が無くなっても、先に逝く事になっても(そうなったらとても悲しむと思うけど)
そこに私が存在した事が、とても素敵な煌めきなのだ。
両親にとっても、私にとっても。
だから、ごめんなさい、という言葉より、ありがとう、を伝える方が、健全なんだと思う。
申し訳無い、と思うより、愛している、と思う方が健全だ。
ありがとう、愛している、と祈る方が健全だ。

なんだ、私はここに居ていいんだ。
一度でこの事が腑に落ちればいいけれど。
思い込みを外すたび、この感覚を味わうのだろう。

自分の居場所が無い、と思っていたけれど。
自分の居場所は自分で作るんだ、という思いに変わったから、
少しずつ、ここに居ていいんだ、という思いを深め、広げていくのだろう。

私はここに居ていいんだ、という思いが、揺るがなくなるまで。
posted by ミー at 00:45| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

愛という漠然としたモノ 〜愛ってなんJARO?〜

d4abe9b774fc1fcb45af2eb7c293f3cc_s.jpg
愛とはいったい何?
それは全てです。
はい、説明終わり。

わっかんね〜〜〜!!!!

あれも愛、これも愛、って言われても。
わっかんね〜〜〜!!!!

いや、普段はわかった気になっている。
なっているから、いざ、苦しい事が起こった時、こんなもん、愛じゃない!
と叫びたくなるのだ。

愛とは優しくて暖かいもの、と捉えているフシがある。
私を肯定してくれるモノだと思っているフシがある。
私を包み込んでくれるモノだと思っているフシがある。

もう一度、愛の説明に立ち帰ろう。
愛は全て。

という事は、優しくて暖かいものだけでなく、厳しくて冷たいのも愛。
私を否定するのも愛、私を放り出すのも愛。
・・・・・・・・・全てが愛とは思いたく無い。

愛を自分の都合の良いように使いたい。
できれば都合の良いように使いたい。
多分、都合良く使う事は無理かも知れないけど、できれば使われるのではなく、使いこなしたい。
そう、愛を行使する側にまわりたい。
その為にはどうすればいいか?

相手を知る事だ。

愛に対する幻想を、ひとつひとつ取り下げていく事だ。

愛は暖かいモノ・・・いや、愛は暖かいモノじゃない、それだけじゃない、冷たい時もある。
愛は肯定してくれるモノ・・・いや、肯定だけじゃ無い、否定される事もある。

理想と現実のギャップ、これを持っているから、いざと言う時
『こんなもん、愛じゃ無い!!!!』と叫びたくなる。
現実(事実、そのまま)を見ていれば、何が起こっても
『これも愛!なんだ。私は愛と離れた事は無かったのね!』と感激できるのだろう。
posted by ミー at 12:52| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする