2016年01月13日

ダメ出しはディナーの後で 〜いや、いつ出されてもイヤだろう・・・〜

153976.jpg
あなたは今世では”光”だけ見て生きればいいんだよ。
と、言われ、意味がわからなかった。
意味が分からん!と心にひっかかっていて、ずっと気にしていて
1年くらいしてやっとわかった。

私はよく、これから起こる物事に対して悪い方向へ考える。
自分が傷つかないように、最悪の事態を想定して、どっちかと言うと
最悪の事態への心構えに重点を置いて物事をやろうとする。
すでに起こった事に対しても悪い事、悪い面しか見ない。
一瞬、その事の良い面に目を向ける、いや、チラ見する事はあれども
ほぼほぼ、その出来事の悪い面だけを思い出として抱きかかえている

さて、こんな状態で、いったい何時、楽な気持ち、幸せな気持ちになるのだろう?

例えばの話。
明日、ランチに誘われた。
楽しみだ。
でも、急に、相手に用事が入ってキャンセルされたらどうしよう?
急に、自分に用事ができてキャンセルするハメになったどうしよう?
常に、自分にとって、イヤな事が起こりうる事を想定し、それに対しての
対ショック砲を隠し持つって・・・

一度も、楽しみな出来事(この場合はランチ)をドタキャンされる自体に陥った事が無ければ
楽しみを奪われるなんて想像しないだろう。
かつて、あったのだ。
そして、とてもとてもショックだったのだ。
もう、傷つきたくない。
だから悪い想定をし、突然の闇にショックを受けないように、いつも闇を見ていた。

何か都合の悪い事が起こった時、そしてショックが大きければ大きいほど、
自分を責める(闇)事や人を責める(闇)事で、自分の気持ちに折り合いをつけてきた。
落とし前を付けてきた。
人に騙された時、例えば、うまい話にのって損した時<私がしっかりしてないから!>とかね。

光だけをみればいいんだよ。
と言われつつ・・・
実践には至らず、闇しか見なかった

闇を見るの一例=自分にダメだし

だめ出しは、現実が、他人がやってくれる
自分は脳天気に、自分のやりたい事だけやればいい

それはアカン、と他人様から言われた時に
腹を立てるのではなく
あ、こりゃマズいんだ、と道を修正する方向に気持ちを変えれば良い

他人からのダメだしは腹が立つけどね。
腹が立つ事自体に、違和感を持てれば上等。

人ではなく、事を観る。

誰それに言われた、ではなく、起こった事だけに焦点を当てれば
天の神様、あるいは、ハイヤーセルフ、もしくは、天使からのメッセージと
受け取れれば、気分は上々、のはず。
だって、それはメッセージが受け取れたという事ですもの。
posted by ミー at 00:32| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ものの見方を変えれば  〜楽になるかと思いきや〜

94fea76b8a0283d84991a996fdbe102d_s.jpg
ものごとを一つの方向から見ているから苦しみが生まれる、と思う。
別の角度から捉えれば、苦しんでいた事が”何のこっちゃない!”という事もある。

良い例は無いかな?と思い浮かべて見たところ、なぜかホームレスが浮かび上がる。
多分、私はホームレスになる事を、極端に恐れているのだろう。

あれは悪い事だ!不幸な事だ!

そう決めつけていた。
はて、本当に悪い事なのか?
家も無く、仕事も無く、ゴミをあさって、お風呂にも入れず・・・
汚い。
それは悪い事だから、不幸な事だから、そうは成りたくない。

もう一度問う。本当に不幸なのか?

ふと、思い出した。
一時期、ホームレスを体験した事で、自分を見つめ直し、本当の自分を生き始めた人達がいる事を。
あれ?
それって、いいことじゃない?

ふと、思い出した。
何者にも追われなくなって、楽になった、と言っていたホームレスの事を。
あれ?
それって、社会的にどうかとは思うけど、無理に社会に適応しようとするより、体に良くない?

それは不幸だ!悪い事だ!と決めてかかっていたのは私の方で、当の本人達は、むしろ幸せ?

ものごとを一方からしか見ていないと、事が固定化してしまう。
立体的に、多角形に観ると、事が柔軟になる。
たくさんの答えが出てくる。
そうすると、悪い、不幸だ、と思っていた事が、何だっていいじゃん!とならないだろうか?

あっら〜〜???
いつから、私はホームレス=悪い、不幸、と固定化してしまったんでしょうね?

ここから内観。
これはテレビの刷り込み?
親の教え?
社会に合わせた考え?
それらは全て、他人の考え。

なぜ、私はその考えに染まっているの?
なぜ、客観的な意見に染まっているの?
私の主観はどこにある?

人ではなく、事だけを観る。

よくよく考えてみれば、彼らは生きるという意味においては、私より楽しんでいるかもしれない。
真剣かもしれない。
よくよく考えてみれば、冬の寒さを我慢する彼らと、イヤな事を我慢する自分と”我慢”という点において
何か変わりがあるだろうか?
状況が違うだけで”我慢”という事については同じではないか?
では、彼らと私と、心境の上で、何が違うのだろう?
心が出来上がる、事の成り立ちは同じなのだ。

ホームレス生活から自分を見つめ直したように、不幸に見える事の中にも、必ず希望(幸福)が隠されている。
逆もしかり。
”心境”が変わらなければ、状況はどうあれ、不幸なモノは不幸であり、幸福は幸福なのだ。

さて、もう一度問う。
ホームレスは悪いのか?
否。
では、なぜ、悪いと決めつけたのか?
決めつけずにはいられなかったのか?

私の主観的発想。

汚いのはイヤだと思いつつ、何もかも捨てて、案外、いや、すっごく楽になって
すっかりホームレスにハマってしまいそうな自分が怖い?!

え?そこ??

ものの見方を変えた先に、楽が来るよと言いたかったのだが・・・
ヘンな自分もやって来るかもしれない。
posted by ミー at 23:11| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

一年の計 〜何年ぶり方に立ててみました〜

12ef75ce2f1777cd79ec508a9d8ed465_s.jpg
新年です。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

今年の目標
1に生きる
2に自分を喜ばせる
3に自分を貶めない
4に常に自分が喜びに導かれている事を信じる

順番つけたけど、全部同率首位。

今年の目標、というより、昨年末頃から、そう思っている。
そう思っている所に、年末の挨拶かたがたやってきたメールの一節が気になり
お節介にも、相手の方に、自分の思っている事をお知らせ。
自分の心境を、なかなか、よく表現できていたので、こちらにメモ。
以下、自分のメッセの内容をコピペ。

*****************************************************************
私事ですが^^;
最近、目標設定を”生きる”にしたんですよ。
〜をしたい、とか、〜になりたい、とかではなく。
ただ、生きる事を目標に。
そしたらなんだか、ハードルが下がって、生きる為にこれをやってるんだ、とか、生き残る為にこうしてるんだ、とか思えるようになったんですね。
自分が生きる為に働く、とか、自分が生きる為に食べるとか。
全ての事が、自分を生かす、生き残らせる為の手段だと思うと、ちょっと意気込みが違ってきます。
めんどうだな、と思ってた事でも『いやいや、これやらなきゃ、私、死んじゃう!』とか『お〜!私、生き残る為に頑張ってるよぉ。目標達成し続けてるよ〜』とか思うのです。
“プチ達成感”的なお遊びですが、生きていなければ、何も出来ないので、すっご い目標を毎日達成しているのだなぁ、とも思います。

支払いの為に仕事をしている・・・と言われていたのが気になりました。 いやいや、生きる為に何かした分(税金だの年金だの自分の勉強だの)の支払いはしなくちゃいけないので、支払いの為に仕事をしている、結構な事じゃないですか?! 支払いをしようとしている時点で、立派です。

豊かな日本で<生き残る>ってのは大袈裟かもしれませんが、サバンナに居ようと紛争地帯に居ようと文明国に居ようと、死んでしまう事は避けられません。
その中で<生を維持する事を目標にする>と、やれてる自分にすげぇ、と思えるし、これを維持する為に、手段は何だって良いんだ!って気にもなりませんか?
そして、目標(生を維持する)の為になりふりかまわずやってる自分が可愛くないですか?
いじらしいと誉めたくなりませんか?
四六時中、この感覚でやってると疲れると思うので^^; 時々、こういう視点で自分を見るのもいいんじゃないかな?と思います。

********************************************************************************************

支払いが追いつかなくなると、ホントに疲弊します。
前のダンナさんは、お商売が下手くそで、重箱の隅をつついてお金をかき集める生活でした。
お陰様で、今のダンナさんは、お金が滞りなく巡る生活をさせてくれています。
気持ちに余裕ができました。
だけど、資金繰りが豊かになっても、どこかで、前の生活と同じように、自分を追い詰めている
自分が居たのです。
お金の心配はしなくていいのに。
支払期限に追われる事は無くなったのに。

常に、何かに警戒している自分。
緊張している自分。

そこに気が付いてから、自分の中の、壮絶な勘違いに気づきはじめ。
いろんな事に、思い込み、勘違い、間違った記憶が織り込まれており。
それらを探っていっている途中ではありますが、途中経過の中で、自分が生命活動を維持する以上の
何やらどでかい目標を無意識に持っている事に気づき。
それを撤回して、生きる事を目標にすると、あら不思議。とっても楽に。
どでかい目標は持っていていいのだけど、手の届きやすい目標をまずクリアしないとね。

本当は、どでかい目標なんて、必要無いのだと思う。
どっかで、誰かに踊らされて(?)憧れて(?)教えられて(?)おかしな目標を持ってしまったのかも。
もしくは、失敗した自分を戒めるため、認めない為に、大きな目標を立てたのかも。

一回、高々と掲げた目標の旗を降ろして、よ〜〜く、見直した方がいいかもね。


posted by ミー at 00:15| Comment(0) | 手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする