2016年01月09日

ものの見方を変えれば  〜楽になるかと思いきや〜

94fea76b8a0283d84991a996fdbe102d_s.jpg
ものごとを一つの方向から見ているから苦しみが生まれる、と思う。
別の角度から捉えれば、苦しんでいた事が”何のこっちゃない!”という事もある。

良い例は無いかな?と思い浮かべて見たところ、なぜかホームレスが浮かび上がる。
多分、私はホームレスになる事を、極端に恐れているのだろう。

あれは悪い事だ!不幸な事だ!

そう決めつけていた。
はて、本当に悪い事なのか?
家も無く、仕事も無く、ゴミをあさって、お風呂にも入れず・・・
汚い。
それは悪い事だから、不幸な事だから、そうは成りたくない。

もう一度問う。本当に不幸なのか?

ふと、思い出した。
一時期、ホームレスを体験した事で、自分を見つめ直し、本当の自分を生き始めた人達がいる事を。
あれ?
それって、いいことじゃない?

ふと、思い出した。
何者にも追われなくなって、楽になった、と言っていたホームレスの事を。
あれ?
それって、社会的にどうかとは思うけど、無理に社会に適応しようとするより、体に良くない?

それは不幸だ!悪い事だ!と決めてかかっていたのは私の方で、当の本人達は、むしろ幸せ?

ものごとを一方からしか見ていないと、事が固定化してしまう。
立体的に、多角形に観ると、事が柔軟になる。
たくさんの答えが出てくる。
そうすると、悪い、不幸だ、と思っていた事が、何だっていいじゃん!とならないだろうか?

あっら〜〜???
いつから、私はホームレス=悪い、不幸、と固定化してしまったんでしょうね?

ここから内観。
これはテレビの刷り込み?
親の教え?
社会に合わせた考え?
それらは全て、他人の考え。

なぜ、私はその考えに染まっているの?
なぜ、客観的な意見に染まっているの?
私の主観はどこにある?

人ではなく、事だけを観る。

よくよく考えてみれば、彼らは生きるという意味においては、私より楽しんでいるかもしれない。
真剣かもしれない。
よくよく考えてみれば、冬の寒さを我慢する彼らと、イヤな事を我慢する自分と”我慢”という点において
何か変わりがあるだろうか?
状況が違うだけで”我慢”という事については同じではないか?
では、彼らと私と、心境の上で、何が違うのだろう?
心が出来上がる、事の成り立ちは同じなのだ。

ホームレス生活から自分を見つめ直したように、不幸に見える事の中にも、必ず希望(幸福)が隠されている。
逆もしかり。
”心境”が変わらなければ、状況はどうあれ、不幸なモノは不幸であり、幸福は幸福なのだ。

さて、もう一度問う。
ホームレスは悪いのか?
否。
では、なぜ、悪いと決めつけたのか?
決めつけずにはいられなかったのか?

私の主観的発想。

汚いのはイヤだと思いつつ、何もかも捨てて、案外、いや、すっごく楽になって
すっかりホームレスにハマってしまいそうな自分が怖い?!

え?そこ??

ものの見方を変えた先に、楽が来るよと言いたかったのだが・・・
ヘンな自分もやって来るかもしれない。
posted by ミー at 23:11| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする