2015年09月12日

無意識にフォーカス

『意識できることよりも
無意識を掘り起こせば、自由になれる

自分の中で気にかかっていることは、今と過去を結ぶタイムマシンのようなものです。
脳は、現在の経験と過去に起こった様々な出来事を結びつけようとしています。無意識からのシグナルを拾いあげ、過去をもう一度思い出すことで、過去の嫌だった思い出を忘れ、新たな現在を始める事ができます。』

茂木健一郎氏著 『脳と心の整理術』から抜粋

この本では、忘れる事の重要性を説いている。
やみくもの忘れるのではなく、一旦整理して、それから忘れる。

目を背けようとするから、返ってその事を意識してしまう。
一度ハッキリと、その正体を見極めれば、それが恐れる事では無い、とわかるかもしれない。
しっかりと見る事ができた自分に、自信が持てるかもしれない。
自信が持てれば、その事を克服する勇気を持てるかもしれない。

思い出を大切に・・・と言うけれど、嫌な思い出は忘れてしまうにこした事は無い。
忘れてもいいのだ。
記憶喪失になったからと言って、死ななければいけない訳ではない。
認知症になったとしても生かされている。
記憶しておく事によって、生命に危機があるならば(ストレスから重度の病へ)、むしろ忘れた方が良い。

忘れてしまえないには、それなりに理由がある。
根拠無く忘れてしまえれば良いけれど、どうやっても無理。
そういう時は、忘れないでいる理由を探せば良いのだ。
人間、理由さえ判れば、手放せたり、許せたりするものなのだから。
posted by ミー at 16:38| Comment(0) | スクラップメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください