セッションした感想1

昨日のセッション。
長話をしているからこそ、出てきた話があり、やっぱり100分は必要だと改めて感じる。

本人は、仕事を辞めて、今、興味のある資格を取って、新たな就職をしようとしていた。
仕事を辞めるのは簡単。
だけど、その後、困窮するようになれば、必ず後悔する。
本当にやりたい事であれば、寝食けずって、その事を調べたり、もはや勉強を始めているはず。
でも、どうやら、調べているけど、勉強には取りかかっていない様子。
本当にやりたいのだろうか?

生活の環境を聞いていると、どうも、もう一人子供が欲しいとか。
おや?そんな夢もお持ちなの??
今のお子さんが、1〜2歳。
家事をして、仕事と子育てで、多分24時間あっても足りないだろうに。
更にもう一人できたら、新たな勉強を始めて資格を取るには、現実的に時間が足りないのでは?
それをやりのけてる人もいるけど、そういう人の情熱は尋常じゃ無い。
彼女から、その熱は感じられないし、実際、その熱を持って行動していない。

しばし、他の悩みを話していて、多分、自分はいろんな事を、すぐに辞めてしまう・・・
っていう話だったと思うけど、その中で、質問してみた。
「何か今まで続いている事は無いの?」
「??・・・・あります。実は家を建てた時、それで教室を開く事も想定して、それ用の部屋作ってます」
「え???」

ちょっと、ちょっと、ちょっと!
在るじゃないですか?!続けている物、しかもそれって、手に職ってヤツでしょ?
新たな事を始めなくても、すでに持っておられるではないですか?!?!

案外ね、ずっと続けている何でも無い事が、実は天職だったりするんですよ。
それが、神から与えられた天賦の才能だったりする訳ですよ。
続けてるっていう事は、続ける努力もできて、上達する練習もできてるって訳ですよ。
多分、苦も無くね。
練習、伸び悩みの苦はあったかもしれないけど、やりたくでも出来ない、っていう苦は
なかったハズなんですね。
だって、続けているんだもの。

よく聞けば、ずっと続けているけど、続けているから、好きで続けている訳じゃなく
半分、意固地になってるのかなぁ?と思っていたらしい。
つまり、自分のモチベーションの所在が分からなかった。
いや〜〜、モチベーションも何も。
嫌だったら、とっくに辞めてるって。

さらに聞くと、ネットで調べてたら、その技術を欲する人がいるので、その人達に
1つ〇〇円で提供しようと思ってるって。
はい?
なんだ、ちゃんと計画できてるんじゃん。
すら〜〜〜っとイメージできる事、あるんじゃん。

思いましたよ。
今は全てプロセスなんだなって。
それを教えるのは、後々でもできるの。
むしろ、年を重ねた方が、先生として信頼されるの。
更に、子育てした人の方が、良いと思うの。
(それを子供に教える場合、親御さんは子育てした人の方が安心する傾向がある、と思うのね。)

自分の世界を築きたい。(手に職付けて、それを仕事にしたい)
子供も欲しい。
生活もちゃんとしたい(お金は必要・・・今の派遣は待遇も給料も良い)

何を優先順位にするか?
体は一つしかなく、時間も限られている。
この世にはそういう制限があるので、それは変えられないから、どうしても優先順位はつけなきゃね。

とりあえず、子供産むには年齢的制限があるからね。
どうしても欲しいなら、最優先でしょ?
子供が嫌いならいざ知らず、子供が好きで欲しいなら、今は子育て最優先でしょ?
そこから見えてくるものは、必ずあるから。

彼女は現実がよく見えるようになって、自分の方向性を考え直せるようになったみたい。

人は、知らず知らずのうちに、一番やりたい事をやってる事があるの。
だけど、世の中の風潮で”新しい事を身につけよう!”としてしまうの。
新しい商品を売る会社の手口に、まんまと乗ってますね。
それ、集合意識ですから?!

「あ〜〜〜やられてたんだ〜〜私_| ̄|○」
彼女はショックを受けていましたが、理由がわかれば、人間スッキリするもの。
それでは、自分のオリジナルを生かそう、と考え直されたようですよ。

じっくりお話ししてると、いろんなお話が出てきます。
お話しながら、その方の心が整理されていく姿は、とっても楽しいです。

あ、それが、私の大好物なのか?!

この記事へのコメント