2015年10月27日

気ままな生き方を貫けるか?

死ぬときは死で候。
それは一見、一期一会的な素敵な行き方。
それは社会的にみれば、無責任な行き方。

できれば、一期一会的な生き方をしたいと思う。
しかし、社会や親の教え、風潮が将来を心配せよ、計画を立てろ、と言う。
実際、計画通りに行くことなんて無いのにね。

誰かが助けてくれるだろう、という脳天気な生き方は、本人は楽しいけれど
助ける周囲は、楽しい人いるのだろうけど、大方の恐れを持つ人にとっては、はた迷惑。
はた迷惑な人が居るのも覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
人に迷惑をかけても良い、と覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
人の批判を覚悟の上で、脳天気に生きられるか?
批判する人を、批判していた人達(過去形)、にひっくり返す事ができれば
それは生きやすくなった、という事。

・あの人のやる事だ、仕方が無い、と周囲を諦めさせるのも良し

・あの人のように生きたい、と周囲に思わせればもっと良し
posted by ミー at 00:00| Comment(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください