時は金なり 〜お金に相当するのは”時”だけなのか?〜

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s.jpg

人のお金でも自分のお金でも数えるの好きo(^▽^)o
と言って、会費の会計を買って出たら「羨ましい・・・」と言われた。
どうも、お金に嫌悪感を持っている人には、羨ましいらしい。

私もお金は怖かった。
若い頃、レジをまかされ、1,000円受け取ってお釣りを渡すだけで、舞い上がったもんだ。
パニック。
それほど、お金にビビっていた。

そんな仕事をしていたら、そのうちお金に慣れてきた。
幸か不幸か?前夫が自営をしていて、1,000万単位の仕事もしてたので、その位数字には
慣れてしまった。
銀行でお金の交渉もできるようになった。
会社のお金だけど、100万円、バッグに入れて持ち歩いても平気になった。
1,000円でビビってたのに。

そうなっていったのは、数字に慣れたっていうのもあるけれど、お金やりとりする間に
お金とはいかなるモノか?と考えた、という事もある。

よく身銭を切る、というけれど、本当にそうだと思う。
お金っていうのは、たかが紙切れだけど、それを手に入れるために、自分はどれだけ
努力を重ねているだろう?
お金を得る=仕事をする=仕事には自分の時間を提供する=自分の体も提供する。
自分の人生の時間を削り取って、お金なるモノを得ているのだ。
昔は米や小麦がお金の代わりだったとか。
それじゃ重いので、持ち運びに便利で、お米や小麦同等の価値のあるものを、と考え出された。

お金も実は物々交換になると思うのだけど、どうも毛嫌いされる事が多い。
お金=汚い。
小麦や米や塩みたいに、重たくないし、大量生産出来る便利な物だから、たくさん使える。
たくさん使う=賄賂。

お金を持った者が勝ち、と言うけれど、昔は荘園(田畑)持った豪族が幅をきかせてた訳で
お金が無くなったとしても、何らかの形で、その時代の生活で一番必要なものをたくさん持ってる
人や団体が、いわゆる裕福、余裕のある生活をしている。
水なり食料なり塩なり石油なり・・・

単純にエネルギー交換、という視点で見ると、何かを受けとれば(得る)、何かを与える(渡す)
という力が働く(らしい)。
得て渡す、という交換行為が、目の前で行われればスッキリ爽やか!なのだけど、これが目に見ないと
いったい、どこでどう出て行くモノやら・・・
目の前で交換されたとしても、得た物のエネルギーに対して、渡した物のエネルギーが少なければ
多分、生活していて、どこかの時点で不足分のエネルギーが出て行くのだろう。
事故とか故障とか病気とか失せ物とかいう形で。

情けは人の為ならず
(人にかけた情けは、いずれ自分の元に返ってくる、と私は解釈している)
人を呪わばあな二つ
(人を呪えば、必ず自分にも、どこからか返ってくる、と私は解釈している)

与えたモノが受けとるモノ

人が栄えるのも、家が栄えるのも、企業が栄えるのも、何らかの形で、人様が良くなるような事を
与えているのだと思う。
栄続けるのならば、怠りなく、切磋琢磨して与え続けているのだと思う。
そして、受けとる事に遠慮が無いのだと思う。
遠慮が無い、というか、へりくだる訳でもなく、傲慢になるのでもなく、ただ単に、自分が与えた(送り出した)思い(エネルギー)がこんな形で返ってきたんだ、と淡々と受け取っているのだろう。

さて、私が発するエネルギーはどんな形で返ってくるのだろう?
できるだけ、素敵な形で返ってきてくれるよう、自分の思いを磨いてるつもりなんだけどね。

お金をお金として、ご大層な物として恐れていると、扱いづらい。
お金も気持ちも物も同等の事、として見る事ができれば、お金はそんなにビビる物ではない、と思う。

この記事へのコメント