2016年03月23日

劇薬だが効くのだよ 〜アドラーの心理学〜

スクリーンショット 2016-03-23 10.18.09.png
アドラーの心理学が流行っているらしい。
という事を『100分de名著』という番組で知る。
ちなみにこれはNHKの番組。
受信料払ってるからね。しっかり活用。
結構、良い番組作ってくれてます。

フロイト、ユングはよく聞くけれど、アドラーについては、ヨーガ療法を習っている時
名前を聞いたかな?
この前のPCMを習った時にも、この名を聞いたかな?
と、私の中では薄い存在。

アドラーはフロイトと同じ時期に一緒に心理学を研究していたとの事。
けれど、方向性の違いで、袂を分かった。

アドラーは、幼少期、体が弱く(脊椎カリエスかな?)、元気な人達が羨ましかった。
病気が治って、体の弱い自分を補うべく、健康になる努力を積んだ。
そして医者に。
たまたま、大道芸人やサーカスのメンバーを多く観る事になる。
不思議な事に、彼らは子供の頃、体が弱かったが、今は体を鍛える(芸の稽古とか)事を
重視して、今の職業に就いているようだ、という事を知る。
自分の経験ともあいまって、人は劣等意識からその後の行動を考えるのでは?という仮説を立て
自分の指針としていった。

彼の提唱しているのは、いわゆる『自分原因説』

それを説明する100分de名著でのミニドラマでは、こんな例が。
恋人が欲しい、と嘆く青年は、自分は学歴も無く、背も低い、見てくれもそんなに良くない。
そんな自分に恋人が出来るわけがない。もっと学歴があれば・・・もっと給料が良ければ・・・もっと背が高ければ・・・彼女ができるのに。
と嘆いている。
けれど、これをアドラー心理学で解析すると、恋人が出来ないのは、もっと他に原因があるという。
もし、整形をして顔を良くして、給料も学歴もあって、もしそれで彼女ができなければ、原因は他にある。
もっと根幹的な問題が自分にある。それは容姿学歴で選ばれないよりもっと傷つく。
自分の奥の奥の心の中では、そういう自体にならないように、もっともらしい理由をつけて、彼女ができないと
もがいている。
もしくは、彼女ができて、わずらわしい事が増えてしまう、という、心の奥の奥の奥の声があるのかもしれない。
社会生活を維持する為の心としては、彼女が欲しいと思っているのだけどね。
(社会生活を維持する為の心とは、よく言う、思考、というヤツなのかもしれない。)


私の兄が引きこもりで、どうやったら出てこれるだろうか?と相談。
兄は引きこもりで苦しいだろう、これからどうやって生活するのだろう?と嘆く妹の女子高生。
しかし、本当に兄は困っているのだろうか?
表面的には苦しんでいる。外に出たいともがいている。しかし、本当は心の奥の奥の声は、
外に出て傷つくのを恐れ、安全な家の中に居たがっているのでは?
就職先が無い、ストレスで体調不良になってしまった、外に出ようとすると色々な症状が出る。
そういった、原因は自分以外にある、という考え方ではなく、自分自身がその状況を作り出している、という考え。

全ての問題は、自らが作りだしている、というモノの見方。
司会の伊集院さんはひとこと。
『それって劇薬ですね^^;』

ええ、劇薬です。
聞きたく無い事です。
この問題を自分が作りだしているなんて?!?!

けれど、もし、アドラーがもの凄く努力して開発した考え方で、著書がベストセラーになっているのであれば
その考えも、あながち否定出来るわけではなく。
自分だけは、この考えに当てはまらない!というほど、自分について知っている訳ではなく。
もしも、アドラー方式の考え方を自分に当てはめて自分を調査してみると、案外、全く知らない自分(自分の心の声)を
聞けるかも。
いや、聞ける。
その時、本当の自分に出会えた!!
と思える。

自分の本音の本音に出会った時の驚愕、というか、おかしさ、というか、滑稽さというか・・・
どんな推理小説の謎解きよりも、痛快かもしれない。

アドラーについて(100分で名著より)
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/51_adler/
posted by ミー at 10:30| Comment(2) | スクラップメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もその番組見ました。興味深いです。
Posted by 由佳 at 2016年03月24日 19:59
お返事遅くなりましたm(_ _)m
人の心を突き詰めていくと、そういう事(自分が原因)になるんですよ。
Posted by ミー at 2016年04月04日 01:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください