2016年04月28日

わたくし、間違っておりました!

スクリーンショット 2016-04-28 14.41.46.png
わたくし、間違っておりました。
今まで、勉強したことや自分の経験から、つまり、自分の知っている事の中から、答えを見つけようとしておりました。
自分の想定範囲内で、予定調和内で、答えを見つけようとしておりました。

でも、違うのですね。
ぐるぐると同じ所を回る答えを打開するには、全く違う所から答えを持ってこないといけない。
この世に、私の知らない事はまだまあ有る、と、自覚する事が大切なのだと。

ある程度生きてくると、いや、ある程度生きていなくても『私は全ての事を知っている』という思いになりがちですが、
実は、生きるという事は、毎回、毎回、新しい事がやってくる瞬間の連続で、いつも、いつも、新しい対応を求められているのです。
でも、私は全て知っている、と思っていると、私はこの事に対する、対応の仕方を知っている、と思い込んでいる訳です。
そして、その対応を当てはめようとする。
ところが”今”というヤツは、今、この瞬間の判断によって、新旧の知恵経験を織り交ぜて、更に新しい対応を求めているのです。

今までの知恵、経験(私は全て知っている) VS 今までの知恵、経験を踏まえて新しい対応を生み出す(私は何も知らない)

今まで通りの対応をしようとする自分 VS 新しい対応を求める”今”

常に、常に、このせめぎ合いをやっているのではないでしょうか?

言い換えると、変化を許さない自分 VS 変化を許している自分

文字を見ているだけで、人生うまく行かなさそうな気がする^^;

この世に”今”という瞬間しかない、というのであれば、変化しない自分、つまりは、これまでのまま、落ち着こうとしている自分は
この世の法則に逆行している、という事。

あーあ。
そりゃ、うまくいかんわ。

今まで通りのモノの見方をしていると、今まで通りの事しか見えてこない。
人間関係も同じで、今まで通りの感覚で相手と対峙すると、自分の知っている事しか見えてこない。
もし、相手が、私の知らない体験を踏まえ、私の知らない感覚を持っているという見方で対峙すると
相手が、今までとは、少し違った、あるいが全く違った人物に見えてくるのではないだろうか?




posted by ミー at 14:44| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください