2016年06月11日

ワークとして

de8bc30e8a93e42da828bd205e5ca0dc_s.jpg
子供の頃、お父さんやお母さんに言いたかった事を拾い出して
つぶやいてみる、泣いてみる、というワークはいかがでしょうか?

子供の頃、本当に幼い頃、思ったけど、グッと飲み込んでしまった言葉。
我慢してしまった言葉。

例えば。
一人にしないで〜〜〜〜!!!!!
とか
なんで、私(僕)だけ我慢しなくちゃいけないの〜〜〜〜!!!
とか。
他の子(兄弟、親戚、近所の子など)と比べないで〜〜〜!!!
とか。

親に訴えたくて、でも、子供ながらに、いろんな事を考えて、飲み込んでしまった事。
哀しみや寂しさを、シュッと自分の中にしまい込んでしまった事。
ひとつやふたつ、みっつやよっつ・・・十や二十はあるはず。

大人になって振り返った時、自分の経験と大人の視点を踏まえ思い出を眺めると
あの時はあれでしょうがないか、と自分を納得させてしまうもの。
けれど、子供の頃、お父さんに叱られた、激しく叱られた!それを思い出すと
なんで自分がこんなに叱られなきゃいけないんだ!!くっそぉ〜〜〜〜!!!!
となる。そんな場合は、感情が吐き出されずに溜まっているのです。

全力で理不尽さに対する怒りを抱えてるのはもちろん、悲しみも抱え込んでる。
今だに怒りがわき上がるって事は、その出来事が起こった当時から現在まで、その話は続いていて
感情は現在進行形という事。
というか、当時から持ち越してる。←物持ちいいですね!

それを吐き出していまえば(流し出してしまえば)、不思議とその下(奥?)にあった
正しい記録というものが見えてきたりします。
記憶、ではなく、記録ですね。
霧が晴れて周囲に在る物がハッキリ見えるようになるように、霧がある時にはぼんやり見えてたり
ぼやけて別のモノに見えてたりする物が、感情という”霧”が晴れてしまえば、起こったことそのものが
幅広い範囲で見えたりします。

たとえば、何か大切なものを壊して怒られた、という記憶。
その怒られた事に憤りを持ち続けている。しかし、感情の霧が晴れたら、当時の一連の自分の行動が
思い出されるなど、記録が見えてくる。
いきなり怒られたような気がしていたけれど、実は前々から触るな!と言われていたものを、
自分が好奇心で触って、壊しちゃった事実。
『あ、あれ、自分が触って壊したんじゃん。いきなり怒られたような気がしてたけど
な〜〜んだ。原因は自分がきっかけか。そりゃ、親も怒るわなぁ。自分でも怒ると思う。ぷぷぷぷっ(笑) 』

コンパクトにまとめましたが、こんな感じで、一連の出来事の記憶と記録を付き合わせて
その差違(勘違いとか忘れてた事実とか)に 笑いが加わるようになると、
悪夢の思い出も愛おしい思い出に変わってしまったりするものです。

これを、カウンセリング中に説明したんですよ。クライアントさんに。
別に、大事なモノを壊したっていう内容じゃ無くても良かったんだけど、
この時はこういうエピソードが出てきた訳。
不思議ですね。
クライアントさんの方から、言って頂きました。
子供の頃、父の大事にしていた盆栽を壊して激怒された事を思い出した、と。
自分より盆栽の方が大事!みたいな怒られ方をして、すっごく悲しかったと。
自分より盆栽の方が大事なんだ・・・そんな父が許せない!と。
でも、例題を聞いていて、そりゃ、怒るわな、と。
自分がその立場だったら、怒るわな。人間だもの。

この方、素晴らしいのは、お父様を人間として扱った事。
父や母は完璧な存在であってほしい、という無意識の欲求があったりするので、
普通の人がやりそうな事をするのが許せなかったりする。
だけど、一個の人間としてみれば、父や母のする事は、とっても人間として当たり前で
人間味のある行動だったりする。
そこを認められないと、親の行動を許せなかったりするのよね。
だけど、この方は、そこを飛び越えて、親を一人の人間として扱って、
『 ああ、そりゃ怒るわ(笑)』
という心境に変化されたのです。

ひとつ、お父さんを許せる事が出来たのだと思います。
(親に対する恨み辛みは、一個や二個じゃないですからね。←私はそうでした)

親の方が、子供より幼い場合があります。
精神年齢が低い場合があります。
魂年齢が幼い、とも言えますね。
残念ながら、親の方が、子供の心を許容する大きさを持っていない、考えが狭い場合があります。
だから、親になんとなく甘えられない、という思いになる場合もあります。
けれど、それでも、幼い相手であっても、甘えて良かったんだ、甘えよう(生死かかわらず)
という心境になれると、自分自身がとても楽です。
幼い人に甘えてはいけない、という制限が外れるから。

盆栽壊しちゃった事件、については、この方、カウンセリングをする、という場において
気づかれたので、感情の解放なく、ある程度、整えられたと思います。
これで、少し、内観の手順、というか、段階、というのを理解して頂けたと思います。
その他、諸々、感情を抱えている、というのも気づかれたので、あとはご自身でワークをされると思います。
泣いたり、わめいたり、なかなか、一人になる時間が無いと難しいとは思いますが
何とか時間を見つけて、ご自身と、幼い頃のご自身と向き合われると良いと思うのです。

この事例で、私自身も、気づいた事がありました。今更なんですけどね。
どこかで『カウンセリングする』という力みがあった事。
何かしようとしなくても、その方に向き合えば、その方自身から、やるべき事をちゃんと教えて
頂けるという事。
もちろん、知恵知識は蓄えているので、誘導や分析はしますよ。
持ってる物全部出して、全力でさせて頂きますよ。
だけど、それはそれで、自分のスタンスとして持っていて、その上で、良い意味で
『クライアントさんに使われる』という自分で在ればいいんだな、と。

なので、どうぞ皆様、私をお使い下さいませm(_ _)m

******************************************************************************************************
ミーこと今牧みどりのセッション(タロットカードリーディングを含む)受け付けをしています。
お申し込みはこちらから→http://koto-dama.jp

☆仕事、恋愛、嫁姑問題等々、何でもご相談下さい。
 「目からウロコ!」なお話ができると思います。
 必ず、霊性に繋がります。
☆最近、まきさんを知ったのだけど、世界観がイマイチ掴めないと言う方、ご相談下さい。
 見えない世界のお話し等、ギュギュッと詰め込み、ダイジェストでお届け致します。
☆あなたの中の『見えない世界(霊性)』と『見える世界(現実)』を繋ぎます

開始時間はご相談に応じます。
料金は50分5,400円または100分10,800円
形式はSkypeまたは対面で。

お申し込み、楽しみにお待ちしております(*^_^*)
******************************************************************************************************







posted by ミー at 23:19| Comment(0) | セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください