2016年12月15日

どうしてもね〜。段取りから入るんです。

b82cb8c7323d7d6add1a8091faa39de5_s.jpg

ブログランキングに参加しています。
是非、ポチッとお願い致します(*^_^*)

人気ブログランキングへ


シンカーベースの私としては、何か事を起こすのに、つい、段取りを先に考えてしまう。
これが、多分、他の人、発案者からしたら、面白くないんだろうね。

面白そうでしょ!と持ちかけられたとしても
面白そう!やってみよう!とすぐは答えられない。

いや、心の中では、ほんの一瞬、1秒にも満たない、自分でも意識できるかどうか
わからないくらいの時間で、直感が答えているんだけどね。
面白そう!
ってね。

でもね。
そのあと、怒濤の如くに、じゃあ、こういう段取り必要だよな、とか
こういう場合は、どうのこうの・・・と過去の、自分の収集した巨大なデータバンクに
照合してるのよね。
内容が面白いかどうか?じゃなくて、それを成功させるためには、どういう段取りが必要だろう?って。

どーしても、すぐに、そっちに頭が行ってしまう。
だから、表現している部分、この世に披露している部分は
『でも、これ、あーで、こうで、こうなって、こうなるよね』

つまり、最初の、ごくわずかな直感を拾いきれず、というか、拾っているけれど
そこは表現せず、段取りから話し始める、という。

シンカーの、計画(段取り)大好き!情報大好き!という性質が常に優先されると
わーーー!!っと盛り上がった企画に、水を差す、つまんねーヤツになっちゃう。

これは、人とのやりとりの中だけで起こっている事ではなく、自分の中でも起こっていると
思われるのです。
いや、起こっている。

人間は全てのモノを持っている。どんな性質も性格も、全て持っている。
シンカーが主体だとしても、レベルやパシスターやハーモナイザー、イマジナー、プロモーターが
居る。
自分の中で、これ面白そう!とレベル的に発動した事でも、いやしかし、とシンカーが段取りを
考え、パシスターが意義や価値を問いただし、ハーモナイザーがどちらの意見もバランスを取り
イマジナー的要素が、その葛藤を見てクラッシュしてしまったら、動けない。
YOU達!ガタガタうるさいんだよ!とにかく、今、動いちまいな!!
と、プロモーターが発動してくれた時、動けるんだろうね。
特に、新しい事に対して。

だから、この人達に、常にネゴシエイトしないといけない。
常に、ではないか。
何か、自分がうまく動けてないな、とか、行き詰まってるな、と思った時、かな?
おや?と思う瞬間とかね。

自分のベースが出てて、自分がそれを問題としていなければ、問題無し。
問題アリ、と認識しているのであれば、他の人格達との調和、バランスが取れていないのかも。

そういえば。
昔、多重人格者というのが発見されて、話題になった。
(多分『24人のビリー・ミリガン』という本。私は未だ読んで無い)
今では多重人格、という言葉が当たり前になっているけど、発見?発表?された当時は
多重人格?!そんなものがあるのか?と世の中の人に驚かれた。

そういうの、昔の日本では、憑依、とか、おきつね様がついた、とか言ってたのかもね。
多重人格が発表される前は、人間の中に人格は1つ、という定義だった。
多分、今もそう。
でも、希に、病的に、あるいは育った環境で、そのようになってしまう可能性がある、
というのが、現在の認識ではないかと思う。
いや、これは、私の認識かな?

私も、人間の人格は1つだ、と思い込んでいるフシがある。
でも、よくよく、よくよく考えてみると、そうでは無い。
そうでは無い、と思えた瞬間、むしろ、人格が1つではマズイよね?
と思えてくるから不思議だ。
ざっくり考えると、自分の中に、多種多様な人格があるから、人とコミュニケーションできる。
<もぐらたたき>のようなものだ。

もぐらたたき、というとイメージが悪いかもしれないが、要は、相手の動きに合わせる、
というイメージ。
もぐらたたきだな、と思ったのは、どこからどうやって出てくるかが分からないから。
あ!あの穴から出てきてる!叩け!
コミュニケーションの場合は、最後の叩け!はタッチ!のイメージだけど。

そういえば、昔、トランプゲームでそんな遊びをしてたような・・・
二人でお互いに、いっせーのせっ!で1枚カードを出して、数字の上が勝ちだったかな?
で、同じ数字だとおあいこ。
おあいこの時は、お互い緊張が解けて『お〜〜〜・・・』とか言ってた気がする。
まさに、自分の中の人格を駆使してコミュニケーションするとはこんな感じかも。
相手の出してくる人格にマッチした人格を出す。
マッチすれば『お〜〜〜〜・・・』となり、緊張も溶ける。

自分の人格はひとつだと思っていた。
いや、ひとつでまとまってないと、いけない、と思っていた。
多重人格は異常だから。
そうではない。
自分は多重人格でOKなのだ。
自分の中に、たくさんの人格がいて、それが自分の中をうごめいている。
ある意味、野放しになっている。
野放しじゃマズイ。故に、それを統括する人物が必要になってくる。
その、統括する人物こそ、見ている”わたし”であり、人格のるつぼであり、人格をチョイス
あるいは、ブレンドするのが行動する“私”ではないかな?と思う。
最前線で戦ってるヤツね。
私っていうのは、マジンガーZだったり、イデオンだったり、ヱヴァンゲリヲンだったり
そういうヤツだと思う。
(ガンダムを入れてないあたりが、私の天邪鬼っぷりの証明)

相手に合わせる=嘘をつく、というような気がしていたのかも。
これは、自分の中に罪悪感が生まれる原因のような気もする。
相手に合わせる=自分の中にある人格の1つを取り出して、相手を喜ばせる、安心させる
と言う定義に書き換えたらどうだろう?
罪悪感どころか、自分が素晴らしい事をしているように思えないだろうか?

自分との距離感の中で、相手に合わせる事ができる範囲と、ここからの距離感の人には
無理!という線がある。
この線を無くしてしまえるといいよね。
もちろん、相手と合わせる事ができず、不快な状況を作ってもいい。
それはゲームだから。ゲームとしては面白いから。
結構、面白いゲームだから。

ダメだ!考察が止まらない。
こうなると、話がまとまらなくなるので、今日は終了。

ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
是非、ポチッとお願い致します(*^_^*)

人気ブログランキングへ


******************************************************************************************************
ミーこと今牧みどりのセッション(タロットカードリーディングを含む)受け付けをしています。
お申し込みはこちらから→http://koto-dama.jp

☆仕事、恋愛、嫁姑問題等々、何でもご相談下さい。
 「目からウロコ!」なお話ができると思います。
 必ず、霊性に繋がります。
☆最近、まきさんを知ったのだけど、世界観がイマイチ掴めないと言う方、ご相談下さい。
 見えない世界のお話し等、ギュギュッと詰め込み、ダイジェストでお届け致します。
☆あなたの中の『見えない世界(霊性)』と『見える世界(現実)』を繋ぎます
☆あなたの思考と視点を置き換えます。
 あなたに密着した思い込みにメスを入れます。

開始時間はご相談に応じます。
料金は50分10,800円
形式はSkypeまたは対面で。

お申し込み、楽しみにお待ちしております(*^_^*)
******************************************************************************************************














posted by ミー at 11:49| Comment(0) | 心模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください