それも答えなのか・・・ 〜かなりショックです〜

生まれた理由を考えていた。 なぜ生まれたか? ではなく、なぜ生んだか? どういう理由で、母は私を産んだのか? どういう理由で、父は子を作る事にしたのか? どういう理由で、両親は私を産んだのか? こういう疑問を持っている、と言ったら、周囲に不思議がられた。 どうも、わたし独特の疑問らしい。 子供が欲しいとはどういう事なのか? 子供を欲しいという欲求はバックや靴を欲しい…

続きを読む

司馬遼太郎さんに学ぶ 

無思想という思想。 これが日本の柔軟性の根底になっている。 他国の文化を取り入れ、独自のスタイルにアレンジ。 日本古来の神道と渡来の仏教の共存。 NHKスペシャル『司馬遼太郎』さんより。 何かになろう!という意思は無い。 何者にもならなくていい。 それこそが、日本の柔軟性。 何かになろうとすると、そうでは無い物を排除したくなる。 何かになろう、という気持ちが…

続きを読む

対極 〜考え方までCD化してないか??〜

陰陽、天地、表裏etc. 忘れがちなんだけど、物事にはかならず2つの面がある。 レコードの時代はA面B面。 表と裏に(針で)読み取る情報があったのだけれど、CDって片面だけに 情報があるんだよね。 だから両A面。2曲共、A面扱い。B面が無い?! 表に出ないマイナーB面があるから、それが隠れた名曲だったりしてファンの心をくすぐるのに。 今は、両方ともメジャーなのだ。 CD化が進…

続きを読む

死生観

死に関する思い込み 痛み→死ぬのが怖いにつながる 痛みが怖い→切られた痛み、処刑の痛み→無念、私は悪くない、なぜこんな事に?! 死を怖いと思っているから、死に直結する事を痛いと思う。 死=次の生への準備段階。 死=生ききったというサイン→自殺、他殺、事故、死の原因問わず。 人ではなく、事だけを観る。

続きを読む

本当にやりたい事

過去の誤解を紐解く。 一生禊ぎの人生。 イヤ〜〜重いね。 重かろうと軽かろうと、今生のライフスタイルはこれに限る! ・・・という事を認めなければならない。 結局は、過去に誤解した事を紐解いていくという作業。 過去の誤解によって、嫌いになってしまった自分を拾い集めていく作業。 嫌いだと思って散り散りバラバラになった自分の断片を、そうではなかった、と自分にひっつけ直す作業。 …

続きを読む