2016年04月28日

わたくし、間違っておりました!

スクリーンショット 2016-04-28 14.41.46.png
わたくし、間違っておりました。
今まで、勉強したことや自分の経験から、つまり、自分の知っている事の中から、答えを見つけようとしておりました。
自分の想定範囲内で、予定調和内で、答えを見つけようとしておりました。

でも、違うのですね。
ぐるぐると同じ所を回る答えを打開するには、全く違う所から答えを持ってこないといけない。
この世に、私の知らない事はまだまあ有る、と、自覚する事が大切なのだと。

ある程度生きてくると、いや、ある程度生きていなくても『私は全ての事を知っている』という思いになりがちですが、
実は、生きるという事は、毎回、毎回、新しい事がやってくる瞬間の連続で、いつも、いつも、新しい対応を求められているのです。
でも、私は全て知っている、と思っていると、私はこの事に対する、対応の仕方を知っている、と思い込んでいる訳です。
そして、その対応を当てはめようとする。
ところが”今”というヤツは、今、この瞬間の判断によって、新旧の知恵経験を織り交ぜて、更に新しい対応を求めているのです。

今までの知恵、経験(私は全て知っている) VS 今までの知恵、経験を踏まえて新しい対応を生み出す(私は何も知らない)

今まで通りの対応をしようとする自分 VS 新しい対応を求める”今”

常に、常に、このせめぎ合いをやっているのではないでしょうか?

言い換えると、変化を許さない自分 VS 変化を許している自分

文字を見ているだけで、人生うまく行かなさそうな気がする^^;

この世に”今”という瞬間しかない、というのであれば、変化しない自分、つまりは、これまでのまま、落ち着こうとしている自分は
この世の法則に逆行している、という事。

あーあ。
そりゃ、うまくいかんわ。

今まで通りのモノの見方をしていると、今まで通りの事しか見えてこない。
人間関係も同じで、今まで通りの感覚で相手と対峙すると、自分の知っている事しか見えてこない。
もし、相手が、私の知らない体験を踏まえ、私の知らない感覚を持っているという見方で対峙すると
相手が、今までとは、少し違った、あるいが全く違った人物に見えてくるのではないだろうか?




posted by ミー at 14:44| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

言葉を違う角度から捉えてみる

スクリーンショット 2016-04-17 11.20.11.png
エゴ、と言うヤツは悪いヤツ。
心の内側を観る作業をしていると、どうもエゴは悪者になっています。
盗人にも3部の理。
悪いヤツにも、そうなる為のプロセスがあり、全部が全部悪い訳じゃ無い。
エゴも悪いばかりじゃないんだよ。
そう思いつつも、やっぱり、それに翻弄されては人生がうまくいかないのよね。
わかっちゃいるけど・・・・

私は自分中の光を見るのがとてもイヤ。
悪の化身でいたいの。
黒い部分一色でいいわ。
黒いのの、何が悪いの?
これは、結局のところ、自分の中に光があると、黒い闇の部分が
正当化できないから、光に居てもらっちゃ困る、という私の理論。
密かに隠し持っていた理論。

我ながら『へぇ〜〜〜?!』
(満へぇモンだぜ)

先日、金田一公美ちゃんとLINEをしていて、その話しに。
『闇ってつおいのよね〜』
と、公美ちゃんにお返事頂いて、そうそう、なんて思ってたの。

闇は強い(極太、重い、どろ〜〜ん、って感じ?)
光は弱い(繊細、微細、さらさら〜〜って感じ?)

こんなイメージを頭で描きつつ、そうそう、闇は強いのよね。
なんて思っていた。

ふと、闇は強い・・・闇の強さ=ガラが悪くて、力で押してくる、そう、それはまるで・・・

タチの悪いヤ〇ザ!

キャーーーーー怖い!!!!!\(◎o◎)/

闇がつおい=ヤ〇ザ、と繋がってしまいました。

つまり、エゴに囚われ自分の聖なる部分、知性や理性から逃げてる、隠れてるって事は
エゴを盾にしているって事で、エゴに守られてるって事で、言葉を変えると

私、ヤ〇ザに守られてました〜〜っ!!!!

セーラー服と機関銃、みたいな、良い感じの任侠の方々(ヤ〇ザと任侠は別種と考えてます)
に守られるではなく、力(暴力や脅し)で相手をねじ伏せようとする輩達。
こんな人達を盾にして、身を守ろうとしてたなんて!(オーマイゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ)

それ、やめます。

ボディーガードなら、爽やかイケメンがいい!
正しい腕力の使い方をわきまえた、知性的な殺気を持つイケメン←難易度高い?
紳士?騎士?忠実なイケメン近衛兵?
そんな感じの人達に守られたいわ∈^0^∋
そう、アンドレみたいな・・・(´∀`*)

真剣に、早急に、ボディーガードの人事異動をしようっと(ノ^^)ノ

闇でなければ光をともす事もできない。
光でなければ闇を炙り出す事もできない。
両方あるなら、闇ばっかりかわいがっても、光が拗ねるわねぇ。
不公平だもの。
両方持ってていて、適材適所に使えればいいか。
上司としては、ちゃんと使い所を見極めないとね!

ん?
そうか、私は私の上司なのね。

それにしても・・・薬師丸ひろ子ちゃんはかわいい!←世代です^^






posted by ミー at 11:25| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

言葉を違う角度から捉えてみる 〜服従〜

164e5bae4715f9632047e86efc470fb3_s.jpg
服従する。
服従、というと、いや〜な感じがする。
押しつけられてる感じ。
服従というものを、少し別の角度から見てみた。

もしも、相手が電機炊飯器だったら・・・
うーん、完全に服従していますね。
電機炊飯器の言うとおり、つまり、コンセント入れてスイッチ押さないと、お米は炊けないですよ
って言われてるから、その通り、服従しております。
電機炊飯器に使われちゃってますよ。
でも、電気炊飯器を使いたいから、あなたの言うとおり、スイッチを入れますわ。
決して、自分独自のやり方がある!と気張って、電気炊飯器の橫にあるガスコンロのスイッチをひねったりはしませんもの。
こうやって私は、あらゆるモノに服従している。
逆の言い方をすれば、服従しようと思えばできるだ。
しかも、自主的に。
そのものを適切に使いたい、と思えば、何だって服従できるのだ。
思えば、生活は、服従にまみれている。
引き戸を目の前に、自分の独自の法則で!と押しても引いても開かない。
引き戸だから、橫に開かなきゃ、開かない。

その用途を用途として使おうとしている自分を『服従している』と見なしてみれば
生活は服従だらけ。
これって、ちょっとしたコメディじゃないかしら?

服従、という言葉に、ちょっと違和感、あるいは、並々ならぬ違和感をお持ちの方、
ちょっと角度を変えて見てはどうだろうか?
『こんな事に服従はできない!』とか『服従できる性格じゃないのよ!』と息巻いているかたわら
結構な割合で服従している自分、出来ている自分。

服従・・・やればできるじゃん!てか、そんなに難しい事でもえげつない事でもないじゃない?
って気になりませんか?

全てはひとつ。
与えたモノが受けとるモノ。
私は存在している。
全ては変化し続ける。
これらの法則をうまく使おうとすれば『服従』してしまうのが、手っ取り早いのだろうな。
と、美味しいご飯が炊けるのを、電気炊飯器の前で待つのでありました。





posted by ミー at 00:13| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

問いかけ 〜私へ〜

f382c156ea28d10af2618aec34739f16_s.jpg
息をしているだけで、生きているだけ、それで十分幸せだ。
しかし、それだけでは満足できない、満たされない自分が居る。
何を嘆いているのだろう?

本当の嘆きはどこにあるのだろう?
表面的な嘆きにすり替えている、本当の嘆きは何だろう。

教えて。
私の、今の、本当の嘆きは何だろう?
失う事?失望される事?同意されない事?私の気持ちを解ってくれない事?
裏切る事?自分への評価が低い事?蔑ろにされた事?努力を認められない事?

努力を認めていないのは誰?
人に認められれば気が済むの?
誰かに認められれば気が済むの?
一番尊敬する人に、一番好きな人に認められたら気が済むの?
その人の言葉を『ああそうですね』と信じられる?
信じられる?喜べる?
一番認めたいのは、自分自身ではないの?

『私は頑張ってる。いつか必ず実を結ぶ!』
自分を信じるってそういう事じゃ無い?
『私は頑張ってる。いつか実を結ぶ。それがどんな形であれ、
それが、私にとっての幸せの実、幸福の果実』

そうやって頑張ってる姿を、神様がちゃんと見ててくれる。
神様が、天が、誰かが・・・ちゃんと見ててくれる。
posted by ミー at 23:39| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ものの見方を変えれば  〜楽になるかと思いきや〜

94fea76b8a0283d84991a996fdbe102d_s.jpg
ものごとを一つの方向から見ているから苦しみが生まれる、と思う。
別の角度から捉えれば、苦しんでいた事が”何のこっちゃない!”という事もある。

良い例は無いかな?と思い浮かべて見たところ、なぜかホームレスが浮かび上がる。
多分、私はホームレスになる事を、極端に恐れているのだろう。

あれは悪い事だ!不幸な事だ!

そう決めつけていた。
はて、本当に悪い事なのか?
家も無く、仕事も無く、ゴミをあさって、お風呂にも入れず・・・
汚い。
それは悪い事だから、不幸な事だから、そうは成りたくない。

もう一度問う。本当に不幸なのか?

ふと、思い出した。
一時期、ホームレスを体験した事で、自分を見つめ直し、本当の自分を生き始めた人達がいる事を。
あれ?
それって、いいことじゃない?

ふと、思い出した。
何者にも追われなくなって、楽になった、と言っていたホームレスの事を。
あれ?
それって、社会的にどうかとは思うけど、無理に社会に適応しようとするより、体に良くない?

それは不幸だ!悪い事だ!と決めてかかっていたのは私の方で、当の本人達は、むしろ幸せ?

ものごとを一方からしか見ていないと、事が固定化してしまう。
立体的に、多角形に観ると、事が柔軟になる。
たくさんの答えが出てくる。
そうすると、悪い、不幸だ、と思っていた事が、何だっていいじゃん!とならないだろうか?

あっら〜〜???
いつから、私はホームレス=悪い、不幸、と固定化してしまったんでしょうね?

ここから内観。
これはテレビの刷り込み?
親の教え?
社会に合わせた考え?
それらは全て、他人の考え。

なぜ、私はその考えに染まっているの?
なぜ、客観的な意見に染まっているの?
私の主観はどこにある?

人ではなく、事だけを観る。

よくよく考えてみれば、彼らは生きるという意味においては、私より楽しんでいるかもしれない。
真剣かもしれない。
よくよく考えてみれば、冬の寒さを我慢する彼らと、イヤな事を我慢する自分と”我慢”という点において
何か変わりがあるだろうか?
状況が違うだけで”我慢”という事については同じではないか?
では、彼らと私と、心境の上で、何が違うのだろう?
心が出来上がる、事の成り立ちは同じなのだ。

ホームレス生活から自分を見つめ直したように、不幸に見える事の中にも、必ず希望(幸福)が隠されている。
逆もしかり。
”心境”が変わらなければ、状況はどうあれ、不幸なモノは不幸であり、幸福は幸福なのだ。

さて、もう一度問う。
ホームレスは悪いのか?
否。
では、なぜ、悪いと決めつけたのか?
決めつけずにはいられなかったのか?

私の主観的発想。

汚いのはイヤだと思いつつ、何もかも捨てて、案外、いや、すっごく楽になって
すっかりホームレスにハマってしまいそうな自分が怖い?!

え?そこ??

ものの見方を変えた先に、楽が来るよと言いたかったのだが・・・
ヘンな自分もやって来るかもしれない。
posted by ミー at 23:11| Comment(0) | 内観(自分調査) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする