2016年01月27日

イライラの素 〜パターンあれこれ〜

179095.jpg
同じ事を繰り返す事に苛立ちを覚える、というお手紙(メール)を頂いたので、お返事を書きました。

題材は『繰り返す』ですが、いろんな題材(ネガティブ行動)を検証する時に使えるパターンかな?
と思い、記録しておきます。

★以下、お返事文(メール)

自分に許せていない事を他人に許せる訳ないですね。
人間の心理のパターンだと思うのですが、自分がそれをしないように我慢している事を
他人がいけしゃあしゃあとやっていると腹が立つものです。

『私が我慢してるんだ!おまえがやるな〜〜〜!!!おまえも我慢しろ!!! 』的な?

最近は、私もちょっとは冷静になり、今、人の行為にイラッとしたという事は
自分に規制をかけていないだろうか?とも考えるようになりました。
腹を立てるのと同時進行でやるので、我ながら器用です^^

もう一つ、鏡の法則も加味します。
他人の行動にイラッとする、とは言いますが、鏡の法則を用いれば、それは自分を見ているのと同じ。
確かに、姿形は、友人だったり、夫だったり、家族だったりします。
例えば、自分の目には、夫という姿形、肉付き、顔の表情があったりなんかします。
肉眼と脳はそう捉えます。
しかし、その顔をへのへのもへじにして、姿形を骸骨にして、自分と同じと見なした時、
もしくは、自分の姿形の着ぐるみを着せた時、答えが出ます。
『ぎゃっ!私のこの部分が見たくないからイラッとしたのね!!!!!』

繰り返す自分を許していない、という事に気づいたのなら、なぜそんな自分を許せないか?
どうやったらそんな自分を許せるか?ああ、繰り返してて良かったんだ、と腑に落とせるか?
そこら辺りを考察して行けばよいと思います。

繰り返す事→ダメだと思っている
繰り返す→心臓を始め、体の各機関は同じ動きを繰り返している。
それでないと生きて行けない。だから繰り返す事がダメだというのはおかしい。
では、どうして、自分は繰り返しては行けないと思い込んでいるのか?
良い面も、悪い面も、両方有るのに、どうして悪い事だけ自分に採用し、
自分に対して、それはやっちゃいかん!と止めているのか?

可能性として、父か母に、繰り返し同じ事をしてたしなめられた。
それでは成長が無い、と怒られたかだめ出しをされたか。

繰り返す=機械と同じ
自分は機械になりたくない、人間でいたいと思ったか?

繰り返す=進歩が無い=また同じ失敗を繰り返すという思い込み
繰り返そうが、進歩していようが、失敗する時は失敗する。
また、その失敗ですら、実は失敗では無く、進化だったという見方もできる。

繰り返す=人が同じ事を繰り返しているのを見て、ああはなりたくない、と思った。
軽蔑した。否定した。

繰り返す=同じ事を繰り返すのは良くない、という学校や社会の教えを守ってる。

私は同じ事を繰り返していい、何の進歩もしなくていい、と自分に言ったとき、
感情が乱れてくれば、まだ、抑圧した思い(エネルギー)が残っているという事。
『繰り返しちゃダメじゃん!そんなのダメじゃん!絶対ダメよ!!!』
『繰り返したら、私がダメになる、理由は知らない!でもダメになる、
繰り返すなんて、そんなのダメよ〜〜〜!!!! 』
感情に理屈は無いので、根拠無く、それをやってはダメだ!ぎゃ〜〜〜〜(T_T)!!!という
気持ちが出てくるのなら、そのまま半狂乱の気持ちで泣いてしまうなり、わめいてしまえば
抑圧された思い(エネルギー)が抜けて、ある意味、スッキリ、抜け殻感がやってきて
なぜか、繰り返していいじゃん、と思えるようになったりします。
今まで、支離滅裂だった主張が、理路整然と繰り返す事について、冷静に考えられるように
なるはずです。

『繰り返しちゃダメよ〜〜!そんなコトしたら、この世が終わってしまうわ〜〜〜!!!』
とわめいていた所から、
『ん?そんなコトでこの世が終わるのか?あんた、ちょっと、偏りすぎてない?』
と思えたらしめたもの。
繰り返していいものもある、むしろ、繰り返してなきゃ、うまく回らない事もある。
例えば時計、例えば食べる、寝る、という行為、例えば息をする。
この世を動かしているのは、案外、繰り返しだったりする。
体なんて、無意識が繰り返してくれてるから、細胞は生まれ変わり、心臓は動いてくれている。
ちょ〜〜っと血流の方向変えちゃおうかな?って心臓が考えたて繰り返しを辞めたら・・・
突然死?心臓病?いずれにしろ、異常事態が起きてしまう。

繰り返しがダメだ!と一方方向からしか見ていなかったのであれば、ダメじゃない事もあるよ!
という知恵を自分にプラスする、もしくは、ダメ!から、まぁいいかも、に格上げ(?)格下げ(?)
してあげればよいと思う。

そうそう。
繰り返す事には、繰り返しトラブルを起こしてしまう・・・と、自分にダメだしする事もある。
(自分が起こしたとしても、巻き込まれたとしても、見舞われたとしても)
その時、ちょっとイヤだけど、相当イヤだけど、やってみて欲しい事が。
腹を据えて、肝を据えて、自分に決心するのだ。

『あ〜〜もういい!は〜〜もういい!私はず〜〜っとこのトラブルを起こし続ける!
起こし続けてやるぞ!わたしゃ、このトラブルが大好物なのよ!コレが無いと生きて行けない!
ず〜〜〜っとこのトラブルを繰り返してイイ!それでいいんだ、それが私なのよ!! 』

この世の大王になった気持ちで宣言してみると、案外、スッキリしますわよ^^v
posted by ミー at 21:16| Comment(0) | 手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

一年の計 〜何年ぶり方に立ててみました〜

12ef75ce2f1777cd79ec508a9d8ed465_s.jpg
新年です。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

今年の目標
1に生きる
2に自分を喜ばせる
3に自分を貶めない
4に常に自分が喜びに導かれている事を信じる

順番つけたけど、全部同率首位。

今年の目標、というより、昨年末頃から、そう思っている。
そう思っている所に、年末の挨拶かたがたやってきたメールの一節が気になり
お節介にも、相手の方に、自分の思っている事をお知らせ。
自分の心境を、なかなか、よく表現できていたので、こちらにメモ。
以下、自分のメッセの内容をコピペ。

*****************************************************************
私事ですが^^;
最近、目標設定を”生きる”にしたんですよ。
〜をしたい、とか、〜になりたい、とかではなく。
ただ、生きる事を目標に。
そしたらなんだか、ハードルが下がって、生きる為にこれをやってるんだ、とか、生き残る為にこうしてるんだ、とか思えるようになったんですね。
自分が生きる為に働く、とか、自分が生きる為に食べるとか。
全ての事が、自分を生かす、生き残らせる為の手段だと思うと、ちょっと意気込みが違ってきます。
めんどうだな、と思ってた事でも『いやいや、これやらなきゃ、私、死んじゃう!』とか『お〜!私、生き残る為に頑張ってるよぉ。目標達成し続けてるよ〜』とか思うのです。
“プチ達成感”的なお遊びですが、生きていなければ、何も出来ないので、すっご い目標を毎日達成しているのだなぁ、とも思います。

支払いの為に仕事をしている・・・と言われていたのが気になりました。 いやいや、生きる為に何かした分(税金だの年金だの自分の勉強だの)の支払いはしなくちゃいけないので、支払いの為に仕事をしている、結構な事じゃないですか?! 支払いをしようとしている時点で、立派です。

豊かな日本で<生き残る>ってのは大袈裟かもしれませんが、サバンナに居ようと紛争地帯に居ようと文明国に居ようと、死んでしまう事は避けられません。
その中で<生を維持する事を目標にする>と、やれてる自分にすげぇ、と思えるし、これを維持する為に、手段は何だって良いんだ!って気にもなりませんか?
そして、目標(生を維持する)の為になりふりかまわずやってる自分が可愛くないですか?
いじらしいと誉めたくなりませんか?
四六時中、この感覚でやってると疲れると思うので^^; 時々、こういう視点で自分を見るのもいいんじゃないかな?と思います。

********************************************************************************************

支払いが追いつかなくなると、ホントに疲弊します。
前のダンナさんは、お商売が下手くそで、重箱の隅をつついてお金をかき集める生活でした。
お陰様で、今のダンナさんは、お金が滞りなく巡る生活をさせてくれています。
気持ちに余裕ができました。
だけど、資金繰りが豊かになっても、どこかで、前の生活と同じように、自分を追い詰めている
自分が居たのです。
お金の心配はしなくていいのに。
支払期限に追われる事は無くなったのに。

常に、何かに警戒している自分。
緊張している自分。

そこに気が付いてから、自分の中の、壮絶な勘違いに気づきはじめ。
いろんな事に、思い込み、勘違い、間違った記憶が織り込まれており。
それらを探っていっている途中ではありますが、途中経過の中で、自分が生命活動を維持する以上の
何やらどでかい目標を無意識に持っている事に気づき。
それを撤回して、生きる事を目標にすると、あら不思議。とっても楽に。
どでかい目標は持っていていいのだけど、手の届きやすい目標をまずクリアしないとね。

本当は、どでかい目標なんて、必要無いのだと思う。
どっかで、誰かに踊らされて(?)憧れて(?)教えられて(?)おかしな目標を持ってしまったのかも。
もしくは、失敗した自分を戒めるため、認めない為に、大きな目標を立てたのかも。

一回、高々と掲げた目標の旗を降ろして、よ〜〜く、見直した方がいいかもね。


posted by ミー at 00:15| Comment(0) | 手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする